広告写真ブログ 今月の一枚 スタジオ玄 : イメージ撮影

HOME > BLOG

10月 ハロウィンと花撮影の広告写真撮影

投稿日:2015年10月31日

10月b

10月31日は、ハロウィンパーティーが各地で開かれます。

パーティー=祭り、祭り=太鼓、踊り、屋台、北島三郎といった思考しか働ない私の子供の頃には存在していなかったイベントなので、正直、ピンときませんが、ゾンビメイクや様々な仮装をした子供や大人が通りを歩いているのを見て、ハロウィンを実感出来ますね。私も来年はおばけのQ太郎にでも仮装してみたいです。

ハロウィンは夏の終わりも意味しているそうで、紀元前のケルト人の大晦日であると、調べると出てきました。

そんな意味はあまり関係なく、仮装を楽しむパーティーの意味合いのように感じますが、

ハロウィンの経済効果は今年で1200億円とクリスマスに次ぐイベント経済効果だそうです。

プロ野球のジャイアンツの優勝経済効果は640億円位なので、その規模の大きさが図れます。

実際にスタジオ玄でも仮装衣裳のモデル撮影や、ハロウィングッツの商品撮影をしているので、撮影会社にも、その経済効果は浸透しているようです。ハロウィンに感謝です。

そして、10月が終わると紅葉の綺麗な時期も終わりを告げて、冬がやってきます。広告写真の撮影現場では、春の準備、春に向けた商品撮影やカタログ撮影が始まって、春に向けたフード撮影や、パッケージ撮影も進行しています。

急に気温が下がってくるので、風邪など体調管理に気をつけて、広告撮影をしていきたいと思います。

写真はルポゼフルール様の花のイメージ撮影からです。ジャックランタンの彷徨える魂に花を添えて頂きました。

http://reposer-fleur.com/

撮影 山口 勉

 

 

 

9月、ビューティー・ファッション・スキンケア撮影

投稿日:2015年9月29日

@domini_022webjpg

9月は神無月、中秋の名月で月が綺麗に見れる月ですが、

広告写真撮影では、女性の肌を綺麗に見せたい(見たい)のは、1年中の事で、

ファッション・モデル撮影では、服が主役の事が多いので、モデルの肌は自然に仕上げれば特に問題ないので、全体の雰囲気で仕上げます。

モデルの潜在写真では、ちょっとしたシミや気になるホクロなどを消すだけで、

これと言ったレタッチ・修正は簡単なもので済む場合が殆どです。

化粧品や、ヘアケア製品、スキンケアなど、肌、紙に関わる、パッケージや広告撮影になると、目の下のチョットしたくすみから、瞳の中の血管まで、至る部分に細かなレタッチ・修正が入る事になります。

映画やCMの動画でも、女優・モデルの画像は修正が加えてある事が多く、動画なので、1フレーム・1コマ毎の修正・レタッチが必要になります。

技術・ソフトである程度、動いている顔や体に同調して修正を可能にしていますが、

まだ大変な作業だとは思います。

そこで重要になるのは、メーク・ヘアメークの技術と、ライティング、

レンズ、カメラの総合力になります。

テレビの大型化とフルハイビジョン化、その先の4K、スーパーブルーレイディスクなど、女優・モデルの肌が大きく見える映像環境が進化して、普及するにしたがって、ハイビジョンメイクやエアーブラシメイクなど、メイクの商品や技術も進化しているようです。

ライティングも肌が綺麗になるように、ソフトなライティングから多灯ライティング、殆ど直接光による、ドキュメントタッチなライティングまで選択肢は多々あります。レンズも発色のよい、中望遠以上のレンズを使います。

そして、最終的に、物理的な技術で補えない部分を画像修正・レタッチで補正していくのが、今のビューティーフォト、ビューティー撮影、美容撮影になっています。

シミ・ほくろ、1つ無いような40代のハリウッド女優の化粧品ポスターに物議があったように、今も昔もビューティーフォト・美容広告撮影では、完璧な美しさを求める傾向が根底にあるようです。

出来る限り、自然で、綺麗に撮影して、ビューティーフォトを仕上げたいと思う、

9月の終わりです。

撮影 山口 勉

メーク sakamoto naomi

model   domink

 

6月 梅雨と紫陽花 花の撮影

投稿日:2015年6月17日

 

花の撮影 紫陽花

梅雨に入りました。今年の夏は去年よりも猛暑になると予想されているようで、梅雨の時期は湿気と生暖かさで、除湿やクーラー・エアコンなしでの生活は考えられませんね。

電気のない昔は、風鈴と団扇、打ち水、水浴びなどで過ごしながら、植物の働きも利用するため、庭に木や植物を植える事で室内に涼しい風を入れたり、視覚で涼を感じたりして、季節を感じていたのでしょう。

また、6月は、紫陽花が綺麗な季節です。同時期の花にはクチナシなどありますが、存在感は紫陽花がトップクラスでしょう。

今回はイオン・ルポゼ・フルール様の、WEB表紙とカレンダー用の撮影で、雨上がりの紫陽花の背景に虹が見えているような雰囲気で、花を撮影してみました。

紫陽花(アジサイ)には、いろいろな色・種類がありますが、今回は基本的な藍色の紫陽花で、もともと紫陽花の意味は、青い小さな花が集まって咲くことらしいとされています。

花の色を再現して、自然の雰囲気を大切に撮影しました。

花を撮影できる事に感謝しながら、6月の梅雨を乗り切りたいものです。

フォトグラファー スタジオ玄 山口 勉  アシスタント 斎藤麻樹

木漏れ日 フラワーアレンジメント・花の撮影

投稿日:2015年3月4日

森web

毎月撮影させていただいているお花の撮影からの一枚。

今回のテーマは森です。

室内の撮影なので、森の雰囲気を出すのはなかなか難しく、
試行錯誤しました。

森の木を用意するのは不可能なので、森にある小屋をイメージしました。
光は木漏れ日が射している感じにして、しっとりとした
静寂のある色味、空気感を大切に花の撮影をしました。

毎回この撮影はテーマがおもしろく、商品撮影とは、また違った趣向があり、

楽しみな撮影の一つです。
今後も、自分の撮影表現の可能性に挑戦していきたいです。

http://reposer-fleur.com/ ルポゼ・フルール-AEON

フォトグラファー:宇城 義二
スタイリスト:星野 生久子
フォトグラファーアシスタント:高本鉄也

PAGE TOP ▲