広告写真ブログ 今月の一枚 スタジオ玄 : モデル

HOME > BLOG

ハウスメーカーカタログ撮影

投稿日:2017年7月14日

123

昨年11月頃某ハウスメーカーのカタログ撮影をロケで4日間してきました
各棟ごとにテーマを決め当日の天気を気にしながら日にちを決定!
20名以上のスタッフが役割をしっかり把握し無駄なく楽しくイメージ道理
の撮影が出来ました。改めてプロフェッショナルなスタッフ達に感謝!
P山崎勝司 RE東海林 史也 M菊池 広泰

3DCG合成

投稿日:2017年6月27日
カテゴリー:モデル, 永田 祥, 3DCG

今月の一枚用写真1

3DCGの合成画像です

新緑の覆われ、爽やかな初夏のイメージを数パターン製作しました。

モデルはスタジオ撮影で、空 草原は3DCGです。

カメラマン 永田 祥
レタッチャー:高瀬 佑介
プロデューサー:小出 晃

9月、ビューティー・ファッション・スキンケア撮影

投稿日:2015年9月29日

@domini_022webjpg

9月は神無月、中秋の名月で月が綺麗に見れる月ですが、

広告写真撮影では、女性の肌を綺麗に見せたい(見たい)のは、1年中の事で、

ファッション・モデル撮影では、服が主役の事が多いので、モデルの肌は自然に仕上げれば特に問題ないので、全体の雰囲気で仕上げます。

モデルの潜在写真では、ちょっとしたシミや気になるホクロなどを消すだけで、

これと言ったレタッチ・修正は簡単なもので済む場合が殆どです。

化粧品や、ヘアケア製品、スキンケアなど、肌、紙に関わる、パッケージや広告撮影になると、目の下のチョットしたくすみから、瞳の中の血管まで、至る部分に細かなレタッチ・修正が入る事になります。

映画やCMの動画でも、女優・モデルの画像は修正が加えてある事が多く、動画なので、1フレーム・1コマ毎の修正・レタッチが必要になります。

技術・ソフトである程度、動いている顔や体に同調して修正を可能にしていますが、

まだ大変な作業だとは思います。

そこで重要になるのは、メーク・ヘアメークの技術と、ライティング、

レンズ、カメラの総合力になります。

テレビの大型化とフルハイビジョン化、その先の4K、スーパーブルーレイディスクなど、女優・モデルの肌が大きく見える映像環境が進化して、普及するにしたがって、ハイビジョンメイクやエアーブラシメイクなど、メイクの商品や技術も進化しているようです。

ライティングも肌が綺麗になるように、ソフトなライティングから多灯ライティング、殆ど直接光による、ドキュメントタッチなライティングまで選択肢は多々あります。レンズも発色のよい、中望遠以上のレンズを使います。

そして、最終的に、物理的な技術で補えない部分を画像修正・レタッチで補正していくのが、今のビューティーフォト、ビューティー撮影、美容撮影になっています。

シミ・ほくろ、1つ無いような40代のハリウッド女優の化粧品ポスターに物議があったように、今も昔もビューティーフォト・美容広告撮影では、完璧な美しさを求める傾向が根底にあるようです。

出来る限り、自然で、綺麗に撮影して、ビューティーフォトを仕上げたいと思う、

9月の終わりです。

撮影 山口 勉

メーク sakamoto naomi

model   domink

 

8月の終わり 広告写真と撮影の季節感

投稿日:2015年8月31日

_DSC9541_DxOweb2

眩暈がするような猛暑日が続く夏も、台風が過ぎる頃には、なんとか日中も外で過ごせるようになってきました。

夏休みの学生を羨ましく思いながら、夏働きをしていた日々の8月も終わりです。

9月には、また暑い日が続くとも言われていますが、このまま涼しくなってほしいですね。

季節の変わり目には、新たな変化あったり、新しい事が始まるものです。

広告写真、映像制作の仕事をしていると、季節の先取り的な撮影、制作が多く、夏には、秋冬シーズンの撮影、制作をしています。

お正月のお節料理の撮影や、クリスマスの撮影なども、そろそろ収まりそうな雰囲気のなか、次のシーズンの撮影の準備などが始まります。

毎年、趣向を変えて、季節物の撮影をしています。

料理・フード撮影では、ここ数年は、柔らかい描写の自然な雰囲気を重視した広告写真、通販撮影が主流だったようで、

今年に入ってから個人的ですが、最近は、臨場感やシズル感を意識したフード撮影が増えているように感じています。

モデル撮影になると、まだライティングをしていないような、雰囲気の写真が目立ってメディアで見られる傾向は今まで通りのようですが、更に個性の重視が目立ってきたようですね。

フード撮影、料理撮影、ファッション・モデル撮影は、時代、次期、世の中の雰囲気を反映しやすいもので、

ファッションモデル撮影なら、メークの仕方、ファッションアイテムのセレクト、

フード撮影なら、カテラリー・食器・部屋の雰囲気、クロスや天板の雰囲気、レシピの内容に、その時期の風、雰囲気が見えてきますね。

日々そんな機微を感じながら、広告撮影・映像制作をしている訳ですが、今回の写真は、モデルのブック用の写真からです。

モデルとフォトグラファーの間のやりとりだけ、撮影が決まってしまうので、普段のクライアント様の意見重視の撮影とは、少し離れたものですが、自分で全て決めるのは、撮影脳、クリエイティブ脳(こう呼んでますが・・)の脳筋力を高めるように思っています。

夏の終わりを感じるような写真にしたかったので、水とブルーとモデルのシンプルな構成で、

ストロボもクリップオンストロボを高速にして、ワイヤレスで使用しているだけの設定です。

まだ、残暑は続きそうですが、暑苦しさも凌駕する美しさで、乗り切りたいものです。

photo   山口 勉

model  daria p

make    shouji kyoko

hair      orie

真夏のファッション・モデル撮影

投稿日:2015年7月30日

Nao モデル撮影

7月も終盤を迎え、
撮影スタジオのベランダで育てているゴーヤにも小さいながらも実がなりました。
食べられる程大きくはありませんが、種から植えた植物に実がなるのはうれしいものです。

今月の1枚は私が隔週でモデル撮影させていただいているお洋服のWEBショップ「PALEMOBA」さんの
ファッション撮影からの一枚です。

実はこの撮影ロケは3月上旬に行ったのですが、初夏の雰囲気が感じられる1枚になったかと思います。
風が強く冷たかったため撮影は少々難航しましたが、
寒い中、撮影したモデルのNaoさんもがんばってこの笑顔を見せてくれました。

ファッション・モデル撮影は季節を3・4か月先に撮影するので、夏には秋服を着るのでモデルさんは
大変ですね。

モデル       Nao  ラ・ファーファ 専属モデル)
フォトグラファー  藤井優美
マネージャー    諏訪 敏弘

PAGE TOP ▲