広告写真ブログ 今月の一枚 スタジオ玄 : アクセサリー

HOME > BLOG

10月 ハロウィンと花撮影の広告写真撮影

投稿日:2015年10月31日

10月b

10月31日は、ハロウィンパーティーが各地で開かれます。

パーティー=祭り、祭り=太鼓、踊り、屋台、北島三郎といった思考しか働ない私の子供の頃には存在していなかったイベントなので、正直、ピンときませんが、ゾンビメイクや様々な仮装をした子供や大人が通りを歩いているのを見て、ハロウィンを実感出来ますね。私も来年はおばけのQ太郎にでも仮装してみたいです。

ハロウィンは夏の終わりも意味しているそうで、紀元前のケルト人の大晦日であると、調べると出てきました。

そんな意味はあまり関係なく、仮装を楽しむパーティーの意味合いのように感じますが、

ハロウィンの経済効果は今年で1200億円とクリスマスに次ぐイベント経済効果だそうです。

プロ野球のジャイアンツの優勝経済効果は640億円位なので、その規模の大きさが図れます。

実際にスタジオ玄でも仮装衣裳のモデル撮影や、ハロウィングッツの商品撮影をしているので、撮影会社にも、その経済効果は浸透しているようです。ハロウィンに感謝です。

そして、10月が終わると紅葉の綺麗な時期も終わりを告げて、冬がやってきます。広告写真の撮影現場では、春の準備、春に向けた商品撮影やカタログ撮影が始まって、春に向けたフード撮影や、パッケージ撮影も進行しています。

急に気温が下がってくるので、風邪など体調管理に気をつけて、広告撮影をしていきたいと思います。

写真はルポゼフルール様の花のイメージ撮影からです。ジャックランタンの彷徨える魂に花を添えて頂きました。

http://reposer-fleur.com/

撮影 山口 勉

 

 

 

月に行った時計

投稿日:2014年8月5日

OMEGA SPEEDMASTER
この時計は人類初となる偉業を成し遂げました

1969年今から45年前の7月アポロ11号が月面に歴史的な第一歩を刻みました
”これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である”
イーグル号船長アームストロングが残した言葉です。

OMEGA
この時計を撮影する度に畏怖の念を抱きます
21世紀になり宇宙旅行が現実化してきました
45年前の想いを馳せOMEGA SPEEDMASTERを再び宇宙の旅へ。

P 山崎勝司
RE 東海林史也

時計

投稿日:2013年9月9日

時計の撮影はいわゆる「物撮り」。動かぬ物との格闘です。
人物撮影のように、対象物の息づかいを感じながらの撮影はできません。

時計の針は10時08分35秒で静止したまま、もちろん時計の針は止めておきます。

静止した時計を生き生きと撮る。

実際に針を動かして、1日に2回、10時08分35秒のその瞬間に
シャッターをきれば、最高の緊張感で躍動感のある写真がもしかしたら撮れるかもしれません。

まぁ、そんな無謀なことはできません。私は会社員なので、、、

ですが、私なりの『Lively motion』を追求しています。

 

photographer:細尾 雅史

6月のキューピー

投稿日:2012年6月6日


6月は、ご婚礼ラッシュの時期ですね。今回の花嫁はキューピーです。
キューピーの著作権が失効してると言われてから、日本中でご当地キューピーが、おみやげ屋さんに、
置かれるようになりました。

沖縄だとゴーヤとかパイナップル・ソーキそば・泡盛とか、なんでもキューピーにはめてあります。
この傾向は、おそらく「たらこキューピー」が出てきたあたりが、スタートなのでしょうか。

キューピーは歴史の流れで顔つきや体型も変わって来てるようですが、
いまの顔が一番可愛らしく、パーフェクトですね。 
良いデザイン・創造物は自然と生き残って、100年以上は世界に残されるのだろうと思います。

また、5cm程の体に合わえてビーズで衣装とワゴンを作る作者の技術と根気もなかなかの物です。
私たちは花を置いて商品イメージ撮影をさせてもらっただけなので、大きな事は言えませんが・・・

自分たちの撮影したイメージ写真も100年以上残るものを撮りたいものだと、
ちょっと厚かましくも願ってみました。

フォトグラファー 山口 勉  スタイリスト  柴田 清花  アシスタント 池田 義貴

指輪

投稿日:2009年5月15日

桜の季節が終わり5月に入る頃、
ジューンブライド(6月の花嫁)の準備に忙しく楽しそうな男女が思い浮かびます。
私は3年前5月5日の子供の日に結婚(入籍)をしていて、
式は友人が集まって開いてくれた小さな式と言うよりお祝い会のようなものでしたが、
どんな式より楽しく嬉しいものでした。

その後、妻とふたりでマリッジリングを買いにジェエリーショップを巡り、
リングを買うのですが、その選ぶ時間も大切な思い出になっています。
結婚に関するリングは、エンゲージリング(婚約指輪)マリッジリング(結婚指輪)エタニティーリング(結婚記念指輪)など、
いろいろあって、デザインも豪華なものから、シンプルなものまで様々なものがあって、
男性の私が見ていても、楽しく鑑賞出来るものが沢山ありますね。ジュエリーの撮影をするときに注意して意識していることは、
宝石の質感を最大限に際立たせること、シンプルに演出すること、どんな人が手にするのか想像すること、この3つです。
撮影したものが印刷物になり、出版され、
それを何処かの恋人、夫婦が見て、実際に手に取ってみたくなるような写真を残す事が出来れば、
全ての関わった人達が幸せになれるのではないのでしょうか。 

フォトグラファー:山口 勉
プロデューサー:横内 透
レタッチャー:山田昇平
スタイリスト:宮田 彩
マネージャー:菊池広泰

PAGE TOP ▲