広告写真の撮り方 : ECサイト撮影

HOME > BLOG

ECサイト・ネット販売・ブランディングと広告撮影

投稿日:2016年8月1日

ECサイト撮影スマートホン、タブレットの普及により、ECサイト、ネットショップが拡大、増加し、有名なところでは、アマゾンや楽天で買い物をする事が日常化してきました。60歳以降はまだ、紙媒体のカタログを利用しているようで、実際に中高年、高齢者向きの通信販売はカタログ・紙媒体のメディアからの注文が殆どのようです。

前置きはここまで、ECサイト(エレクトロニックコマース=電子商取引)は、ここ数年でかなり便利になっていますね。

その反面、ECサイト・ネット販売・ネットショップでは、実際に商品を手に取って見る事が出来ないので、商品が詳細に分かるように、アパレルの場合では、全体の写真、部分的な機能を見せる写真、素材を見せるアップカット写真、アパレルなら、モデルに着せてみせるモデルカット写真など、また角度が変えて、サイドカット写真、バックショット写真など、手に取らずとも雰囲気、大きさ、質感が伝わるように、撮影をする必要があり、一つの商品を紹介するためには、最低でも4カットは撮影しています。

商品の良さが伝わり、購買意欲を沸かせて、注文してもらうまでの間、商品写真をお客様を見続ける訳ですが、写真の撮り方の良し悪しで、注文数・売上が変わるのは、紙媒体のカタログショッピングの頃から変わらない、普遍的な事実です。

ECサイト、カタログショッピングの商品撮影モデル撮影では、商品を良く見せようと、ライティングや設定で、商品を綺麗に演出するので、実際に購入して、商品を手に取った時に「あれ写真となんか雰囲気が違うな」と感じる事もあると思いますが、そんな時はクーリングオフを利用して返品するのも、今の時代の買い物なのかと思います。

撮影している立場としては、商品を綺麗にアイロンして、質感が出るようにライティングしているので、嘘はないのですが、人物を綺麗に撮影するのと同じように、商品を出来るだけ美しく撮影しているので、写真と実物のギャップが生じるのは仕方無いことなのかもしれませんが、

最近では、そのギャップを埋めながらも綺麗に撮影することを目指す撮影の方法も考えだされています。例えば自然光のみで撮影をする事(また自然光に近いライティングで撮影)、しわなどを綺麗に見せようとするための綿なども入れずに風合いを生かした撮影法など、出来るだけ商品が実生活の中に見るように見えるように撮影も、大切なのかと思います。

ECサイト・ネットショップの撮影は、撮影を開始すると切れ目なく、商品の撮影が続き、

1日で100カット以上の撮影をする事もあります。常に同等以上の安定して撮影方法を持続させるための、経験と環境も必要になります。

なおかつ、ブランドサイトの撮影になると、そのブランドの雰囲気を損なわないように高級感など、ブランドカラーを重要にする事も考慮されます。ブランディングは以前も話をしていますが、そのブランド・企業が生き残る上で重要な事で、撮影会社・フォトグラファーはブランディングに対する撮影方法を常に意識して、広告写真を観察して、撮影に生かすようにしています。

ネットでECサイト撮影と検索すると、沢山の撮影会社が出てきますが、そのほとんどは、マンションの一室を改装して、1チームか2チームがやっと撮影出来るような、小規模の撮影会社が目立ちます。

ひどい場合は、スタジオ環境や撮影スタッフも紹介していないようなHP(ホームページ)の撮影会社も存在します。(時間単位での撮影料金の撮影会社に多いようです)

同時に何チームが必要かは、商品数・スケジュールで決まる事ですが、弊社では最大14チーム(フォトグラファーが14名、スタイリスト10名、商品管理4名)で稼働している事もありました。

規模が大きくなればなるほど、撮影スタジオの広さも必要になるので、スタジオ環境は非常に重要な課題になりますね。ある程度の規模を有した撮影会社でないと、すぐにキャパシティー(許容量)を超えてしまうので、注意が必要です。

ECサイト・ネットショッピングは個人レベルでも開業出来るものですが、写真は個人レベル・素人レベルでは、売上、注文に繋がらないものだと思います。

今回はここまで。

カタログ・チラシの大量な商品撮影をするには

投稿日:2015年3月13日
大量のイメージweb

ファッションカタログの作例、沢山の撮影商品があります。

 

WEBカタログ・印刷のカタログ・カタログショッピング・商品パンフレットなど、世の中に売る商品があるだけ、商品写真が必要になりますね。

特にカタログショッピングやWEBショッピングでは、写真や動画だけで商品を判断して、実際の商品に触れずに購入する事もあるので、特徴をとらえて、商品を綺麗に価格以上の価値観を見いだせるように撮影する事は重要課題ですが、

膨大なギフトカタログや通販カタログの撮影点数になると、商品アイテムも1000点を超える場合もあり、撮影が雑になるのではないかと心配もしたりします。

大量に撮影があっても、雑にならず、一点ずつ丁寧に撮影するためには、段取り、計画が必要ですね。「千里の道も一歩から」と言いますが、1000カットの撮影も1カット目を撮影する前の段取りが、撮影のクオリティーとスピード、そしてコストダウンにつながります。

カタログ通販などの撮影が始まるまでには、商品の特長を説明するオリエンテーリングをして、その情報を元にデザイナー・コピーライターがデザイン案・ラフを制作します。ラフデザインにメーカーの保持している、メーカーポジ・メーカー画像を入れ込んで、足りない写真と、撮り直した方が良い写真を決めて、撮影会議、打ち合わせをして、撮影日を迎える事になるのが、簡単な流れです。

撮影点数、商品アイテムが100以上位になると、商品管理者が必要になる事もあります。商管と呼んでいる職業ですが、商品管理と撮影進行だけで、業務を成り立たせている会社が何社もあるほどで、大量な撮影点数の現場では、重要な役割を果たす仕事です。

香盤表と言う撮影スケジュールを制作する事にも、商品管理は必要になります。

商品点数が多いとスケジュール通りに商品が届かない場合もあり、その分撮影に負担がかかる場合もあります。

大量に撮影をするには、全ての商品を理解した上で、撮影の方法が同じ物、同じようなセッティングで撮影出来る商品をまとめて撮影する事が必要です。

撮影1点毎にライティング・セッティンング・場所が変わっていたら、いたずらに時間を浪費する事になります。

同じシーンで撮れる商品・同じセットで撮影出来るキリヌキカットの商品・同じ角版で撮影出来る商品・大きい商品・俯瞰撮影の商品

時計などのアクセサリーの商品・食品関係の調理が必要な商品など、まとめて、香盤を制作して、撮影の段取りをします。

撮影するフォトグラファーとスタイリスト、必要に応じてアシスタントを撮影の1チームとして、

1チームが撮影可能なカット数を過不足なく計算して、撮影日数と撮影チームの数を調整しますが、通常、撮影日数は決まっているので、日数に合わせてチーム数を計算します。

可能なカット数は過去の撮影実績と経験で計算するのですが、アクセサリーのイメージなら、1日30カット位が目安だったり、モデルでのロケ撮影なら、通常20~30カット位、スタジオでのアパレル商品の置き撮り、吊るし、貼りつけの撮影なら、60カット位と、商品によって難易度が変わるので、色々な撮影を経験したフォトグラファーが商品を見て判断すると無駄がありません。

チーム数が多くなると、撮影した画像のクオリティーチェックや統一感、ページ配置での写真の見え方などを管理するディレクターも必要となります。アートディレクターとも呼びますが、デザイナーがやったり、フォトグラファーがやったりと、ビジュアルの決定に責任を取れる人材がアートディレクター(AD)を担当します。写真の場合はフォトディレクターと言う呼び方もありますね。ディレクター不在で、ディレクションが決まらずに撮影をすると、撮影しながらの試行錯誤や撮り直しなど多く、無駄な進行になりがちです。

人材が確保出来たら、撮影と商品管理をする場所を決めます。

十分な広さを社内で用意出来れば問題ないのですが、出来ない場合は、大型倉庫を借りて、撮影と商品管理を同じフラットな場所で進めるのも効率的です。費用はかかりますが、人の動きが、横だけの動きになったりと利点は大きいものです。

倉庫を利用した撮影スタジオが多いのも、うなづけます。

撮影環境は非常に重要な事で、見積もり料金が安いからと、小さなスタジオで撮影を進めたりすると、撮影が徹夜続きでも終わらず、商品管理もスペース不足でミスが多く、当然のごとく撮影クオリティーも落ちてゆく、苦行のような撮影現場もあるようです。

スペースの確保ができたら、撮影になります。

撮影が始まったら、香盤通りに進めるだけですが、予定通り商品が届かなかったり、ギリギリで掲載商品が変更になったり、売りたい商品の色が変わったりと、撮影中でも修正する事はたくさんあります。

短い期間で3日間、長い期間で1か月を撮影した事がありますが、撮影点数が多いと撮影後の変更や商品の見せ方の変更での撮り直し、レタッチ修正など、また数日間の予備日を要します。

色校など数回の手直しをして、デザイン校正・印刷が終わり、印刷物、データが納品されて、しばらくして、売上に効果が出た時に初めて、長期間のカタログ通販、WEB通販等の撮影業務が終了します。

仕上がりの評価・売上が良ければ、次のシーズン・次号の撮影が受注できる可能性は高くなり、結果を出し続ければ、毎号・レギュラーの撮影となります。

大規模なカタログ撮影の依頼でも、通年で契約する事は殆どないので、毎回の撮影に改善点を探して、ブラッシュアップしていく必要があり、気を抜く事は出来ません。

カタログ撮影やWEB販売撮影・通販撮影を続ける行く事は、細かな注意と商品を綺麗に分かり易く撮る気持ちを、連続して持ちつづける事が大切だと思っています。

そして、雰囲気良く、楽しく撮り続けたいものです。

今回はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデル撮影とファッション撮影、そしてギャランティー

投稿日:2015年3月4日

季節の変わり目には、WEB・カタログ撮影で、モデル撮影とファッション撮影と言った、アパレル関係の撮影が始まります。リアルクローズの撮影になると、毎週のようにファッションアイテムが入れ替わるので、毎週撮影、毎日撮影といった場合もあります。

撮影の大半はスタジオでのファッション撮影、アパレルアイテムの商品撮影と、

スタジオでのモデル撮影になりますが、ページの構成次第で野外ロケ撮影、ハウススタジオロケ撮影など、発生します。

野外ロケ撮影は天気も考慮しないといけないので大変ですが、自然な光と空間の作る写真は、スタジオでは、撮れない良さがあり、ロケの手間を考えても、それだけの写真・映像効果が期待できます。

ロケ撮影は早朝から昼過ぎから3時間位が勝負なので、日の傾きと闘いになります。

ストロボを使ったり、HMIと言う自然光に近いライトもありますが、自然光には敵いません

流通・通販カタログやWEBのページ数・情報量の多い媒体では、

撮影の香盤表を上手く組み立て、時間通りに撮影を進め事が重要で、

それ以前のロケハン(ロケーションハンティング)を入念にしておく事は更に重要です。

撮影の前にすでにある程度、結果が見えるように撮影を進めないと、気合勝負の苦しい戦いの撮影になるので、ロケでの準備は大切です。

話はかわって、モデル撮影の場合は、モデルによって使用料金が違うのは容易に想像できると思いますが、現実的に売れてるモデルと駆け出しのモデルで比べるとギャランティーは100倍位の差が出ます。使用期間は3か月・6か月・1年で料金が変わります。

数万円から数百万円の差がでるのは、タレントや芸人さんと同じなのでしょう。

フォトグラファーはどうかと言うと、日本を含めて世界規模で見れば、1日のモデル撮影で1000万と言うフォトグラファーもいますし、有名雑誌の月間契約でモデル撮影をして、月に500万から1000万を稼ぐフォトグラファーもいる事は確かです。

小さな日本に戻ると、1日数万円で撮影をしているフォトグラファーが多数いる訳で、どんなに高額を稼ぐフォトグラファーでも、1日100万円前後が知っている限りです。

その差はなんだろうと、アメリカの売れてるフォトグラファーに聞くと、

日本と欧米のシステムの差で、日本では、ピンときませんが、アメリカではフォトグラファーがデザイナーや印刷会社を手配するのが普通だそうで、(ファッション・モデル撮影の世界以外はよく知りませんが)

フォトグラファーの主導権が日本で言うアートディレクター(以下AD)のような感じです。

また、全てのクリエイティブスタッフを率いるリーダーでもあり、監督でもあるようです。

日本でも、アートディレクションをするフォトグラファーは存在しますが、まだ少数です。

自分で全てを決定して撮影するフォトグラファーと、デザイナーやADに依存して、絵作りだけするフォトグラファーとの立場の違いはギャランティーに大きく差が出るのでしょう。

ファッション・モード写真と言いますが、モード・時の潮流に乗って、主導権を持つ事が、

ファッション・モデル撮影の世界で這い上がって生き残る術なのでしょう。

日本人でも、まだ知る限り、1~2名しか、世界のトップで活躍するファッションフォトグラファーはいないようです。

モデルもフォトグラファーも、ヘアメーク・スタイリストにも、ライバルと新人の多い厳しい世界ですね。 それでも、続けていく事、撮影し続ける事が大切なのでしょう。

今回はここまで。

ファッション・モデル撮影

悩みは尽きない、それでも写真は撮り続ける。

 

 

広告写真撮影、広告映像制作での、自社撮影スタジオとレンタル撮影スタジオの違い

投稿日:2014年8月11日

年に数回ほどですが、スタジオをレンタルしたいと電話やメールが来る事があります。

弊社・スタジオ玄は撮影スタジオを経営していますが、レンタルはしていないので、特別な理由がない限りは、レンタルの依頼は受けていません。

今回は、レンタル撮影スタジオと自社撮影スタジオの料金的な違いについてお話します。

広告写真撮影広告映像制作・ムービー撮影では、ロケでない場合はスタジオが必要になります。

レンタル撮影スタジオを使用するには、1時間5,000円から30,000円位のレンタル代金を必要として、最低使用時間も3時間から5時間以上など、使用規約があり、スタジオを使用するだけの料金がかかります。撮影が進もうと、打ち合わせで半日、商品が来ない、タレント、モデルが遅れたなどの、諸事情は関係なく、タクシーのメーターのように、料金が15分ないし、30分刻みでカウントされます。

カウントされる時間はスタジオに機材を持ち込んでから、撮影を終了して機材を撤収して、スタジオの中を空にするまでが使用時間になります。(スタジオによっては、家具や小道具の位置を元に戻すまでをカウントします)

東京都内のレンタルハウススタジオは1時間20,000円位はかかるので、朝9時から夕方5時まで丸1日の撮影を考えて予算を出すと8時間で160,000円以上、消費税と時間を延長した場合を考えると更にかかるので、200,000円位は予算を考えておくことになります。

200,000円と言う予算は東京都内、例えばJR品川駅3分以内に15.6坪の貸事務所を借りられる金額です。それが1日の撮影のスタジオ費用だけで無くなるのですね。

広告写真撮影、広告映像、CM制作は、何千万と費用がかかるので、その規模からみれば小さな金額かもしれません。

ただ、中小企業のメーカー様で広告撮影、広告映像制作をしたいと言うレベルだと、スタジオ代金も出来れば削りたいと考える方も多いと思います。

少ない予算でも、広告写真・広告映像・CMを作りたい、広告や宣伝材料を作らないと商品を効率よく売る事も出来ない、仕方がないから、自分で撮影して、HPやカタログ・youtubeに載せる方もいるでしょう。

レンタルスタジオである以上はレンタル代金が売上になるわけなので、そうそう負けてもくれません。撮影プロダクション・代理店もかかる経費なので、どうしようもないことです。

自社スタジオを持っている撮影プロダクション、撮影会社の場合は、時間でカウントする会社もあれば、グロス(全部料金)、スタジオ代を一日で計算する撮影会社もあるようです。

スタジオ玄での、スタジオ料金の設定は時間でカウントの設定ではなく、撮影料金の20%を目安にしています。 クライアント様のスタジオ撮影料金の負担を少しでも軽くするために、考えたサービスです。

クライアント様に撮影代金が他社の方が安いと言われた事がありますが、よくよく話を聞くと、その他社だと撮影料金は3割安いのですが、スタジオ料金、消耗品、電気料金まで請求されていて、合計すると弊社より3割近く合計金額が高くなっていた事があったりと、

スタジオ料金は撮影料金に匹敵するほどの撮影費用に含まれるのが通常の撮影での常識です。

スタジオ料金を通常のスタジオより安く設定すれば、通常より売り上げも下がるので、利益も減ります。

それでも、クライアント様に撮影をリピートして依頼して頂き、撮影スタジオの稼働率を9割近くまで上げれば利益が出ます。それを、薄利多売と言う人がいるかもしれません。

薄利多売の対義語は高付加価値と言うそうです。

広告・CMで写真撮影・映像制作をする以上は常に高付加価値を目指しています。

写真・映像の難しいのはその部分です。スタジオ料金を抑えるのはその分、撮影1回分の利益を確実に削っている訳ですが、それでも撮影依頼がリピートされれば良いと思います。

話ははずれますが、昔からの商店街では、古いスタイルの写真館が廃れていき、お子様の記念撮影をメインにした新しいタイプの商業写真スタジオが、地方・ショッピングモール内に店舗を増やして利益を上げています。利益を上げるには、工夫とアイディアと持続力が必要だと思わせる事例です。

私たち、広告映像制作・広告写真制作をする会社が利益を上げるには、稼働率を上げて、無駄をなくして、時代に則したムービー制作サービスや、3Dバーチャルスタジオのような新しい技術・サービスを時代に合った現実的な料金で提供していく事が必要だと思っています。

私がアシスタントの頃(20年以上前)、師事していたフォトグラファーは1週間に1日位、月に3-4回の撮影でフォトグラファーとして事務所の家賃とアシスタントの給料を払っても、生活に余裕がありました。

1回の撮影で数百万円単位の収入があったので、当然だったと思います。

2014年の今は、巨大な広告撮影プロダクションから、大御所の印刷会社が経営する撮影スタジオ、撮影から納品までの完全なデジタル化、スピードアップで、20年前の1カットに対する予算感は、時代が変わって、安価になっています。スタジオ料金が高い・安い以前に、世の中の殆どがローコスト・安価になっています。中堅的な撮影プロダクション・スタジオが安価になっても利益を上げる手段はまだボリュームディスカウントや、安価な撮影料金など、はっきりとしません。

ただ、撮影・映像制作での部分では、ローコスト・安価・薄利多売でも高付加価値である事を追及し続けるのが答えなのかもしれません。

自社スタジオにバリエーション変化の出来るハウススタジオ並みのセットを作れるようにしたり、カタログ撮影にも使用出来るバーチャルスタジオを作るのも、ローコスト・安価・薄利多売への挑戦です。

レンタル撮影スタジオでは、不可能でしょう。その為の自社スタジオとデジタル技術を備えています。

今回はここまで。

フル3DCDによる高級旅館和室イメージ

 

自社スタジオでのシングルライフ・インテリアイメージ撮影

 

 

宝石・ジュエリーの商品撮影での映りこみ、宝石撮影の方法

投稿日:2014年2月3日

以前にも記述した、宝石・アクセサリー・ジュエリーの商品撮影での映りこみについて、追記です。

宝石・ジュエリー撮影では、プラチナやシルバー・ゴールドを使用したリングが殆どで、鏡面になっていて、周囲の物が映り込んできます。この「映り込み」をどう処理するかが、宝石撮影・ジュエリー撮影の重要なポイントです。

映り込みは、リング部分だけではなく、宝石・アクセサリーなどの、石の輝きまでに影響を及ぼします。

フォトグラファーにより、商品撮影の方法は様々で、商品の周囲をトレペで囲んで、ストロボ一灯で光源を一箇所のみで撮影する場合や、サイド・メイン・トップ・リアと4灯ライティングや、それ以上の多灯ライティングなど、商品・ジュエリー・宝石の形状により、ライティングもセッティングも変化していきます。

デジタル撮影になる前は、映り込みやホコリの処理に、費やす時間は今の何倍もの労力がかかっていました。ただ、デジタル処理が出来るからと言って、映り込みの処理を宝石撮影のライティング・セッティングで手抜きをすると、画像処理に無駄な時間を要して、仕上がりも不自然になってしまいます。

デジタルでもフィルムでも基本は同じなので、宝石やアクセサリー・ジュエリー撮影では、映り込みと商品の掃除・磨き、ホコリ取りはしっかり処理して撮影をしています。

商品撮影で映り込みを撮る場合はトレーシングペーパー、略称トレペを使いますが、

弊社では、映り込みを自然にするために、厚みのある、ユポと言う不燃樹脂を使った、トレペの上級版のようなものを使用しています。

光をディフューズするために使用するものは、透けるものであれば何でも可能なのですが、基本的に白いものを使用しています。

「ディフューズ」とは日本語だと「拡散」と言います。不思議なもので英語を使ったほうが、しっくりします。カメラを写真機と呼ぶのが、しっくりこないのと一緒でしょうか。撮影では、ディフューズは拡散だけではなく、映り込みも担当している訳で、これがライティング・撮影セッティングを難しくしていくポイントです。

宝石撮影での映り込みを綺麗にしていくのは、ただ周囲を囲んで、白くしても、質感が無くなるので、あえて黒い映り込みを黒いケント紙や、布、または、白い映り込みの部分に黒のスプレーをグラデーション状に塗るなど、いろいろな思考錯誤、撮影テストをしてきました。

仕上がりの良さと撮影高率を考えるとユポを使用したディフューザー(拡散板)とその隙間を暗くして自然に黒く映り込みさせる方法が、弊社でのスタンダードですが、

そこは商品撮影なので、商品の形状に左右されて、同じセットで撮影はできない場合もあり、楽には、宝石・ジュエリーの商品撮影は、出来ないものです。

商品撮影セットを作る撮影台も、商品が小さいからと、小さなセットを作ると、映り込みのセットが近すぎて、ライティングを難しくしてしまいます。

通常は3×6(910x1820mm)サイズの商品撮影台を使用しています。背景の奥行を必要としない場合は3×3(910×910mm)でも良いですね。

映り込みは前方位360度なので、下地の接地面の色や形状も重要です。

ジュエリーやアクセサリー撮影での商品を置く下地になるものとして、無反射ガラスを使用しています。無反射ガラスはノングレアやナングレアとも呼ばれています。

元は写真の現像プリント時にフィルムを印画紙の上に並べて、コンタクトプリント・ラッシュプリントを作る時に使っていたものですが、現在は撮影用に作られているナングレア・無反射ガラスを使用しています。1枚3000円から8000円位はしますが、薄く割れやすいガラスなので、取扱いは注意が必要です。

無反射ガラスをアクリルの角柱(業務用ディスプレイショップなどで手に入ります)など使用して、商品撮影台から7cmから10cm位、浮かした状態で使います。

この無反射ガラスの下に花やレース布などを置いてイメージ撮影をしたりも出来ます。

映り込みのある、宝石撮影、商品撮影に必須なのが、ユポと無反射ガラスなのです。

続きはまたにします。

無反射ガラスに布を入れてとディフューザーにユポを使用して、

ダイヤの映り込みには黒ケントを使用した、

ダイヤモンド・ジュエリーの集合撮影です。

 

 

 

フォトグラファーから見たカタログ・通販・ECサイトの商品撮影の効率化と商品写真の売り上げ効果

投稿日:2013年4月24日

スタジオ玄では、通販カタログ撮影・ECサイト・メーカー様の商品パンフレット撮影を通年撮影しています。
夏の商品の撮影は3月~4月中旬まで撮影して、秋冬は6月~7月に撮影、春は11月前後が弊社では多いパターンとなっています。

通常のページ数が300ページ弱の通販カタログ撮影の場合、一冊の中の商品カテゴリー別に撮影を数社の会社で、分担して撮影することが殆どのようです。気になる撮影費用は、1カットごとの料金だったり、ページ単価で計算したり(1ページで何カット撮影しても、同じ額になります) 一冊全てだったり、年間撮影費用をまとめて提示する料金の出し方もあります(昔はグロスでまとめてと言ったりもしていましが、グロス価格とは利益込みの価格と言う意味で、原価の事はネット価格と呼びます)

撮影での原価とはスタジオの家賃光熱費、撮影機材事務機器の購入費や維持費、人権費、交通費、雑費などを計算して出すのですが、その原価を割った広告を出す業者も見れるようになりました(アマチュア機材で安く撮影する業者が殆どです)

私的見解では、通販カタログやパンフレットの撮影費用はここ約20年値上がりした事はなく、ゆるやかに下がり続けているのが現状で、

写真・映像のクオリティーを下げずに撮影費用・予算を下げるには、撮影の効率化とスピード、そして、アイディアが必要となってきます。

スタジオ玄では、撮影費用を削減するために、スタジオ内にハウススタジオと同じような設定が出来る、移動可能な建て込みセットを和洋数種類、出窓、掃きだし窓、高窓、腰壁、収納、押入れなどを設計して作り、撮影に活用しています。このセットを作る費用はかかりましたが、ハウススタジオにロケに行くレンタル費用と時間が削減出来て、結果的に撮影費用を抑える事が出来ています。

広くて機能的な撮影スタジオがあっても、無いと困ってしまうのが、撮影小道具や、撮影のバック・背景に使う素材です。撮影に使用する小道具は通常スタイリストが撮影の打ち合わせをして1日か2日かけて、小道具を集めるの普通のようですが、弊社では、小道具は出来る限りレンタルせず、購入してスタジオの備品としてストックして、合計50坪以上(畳100畳以上)のスペースを小道具(雑貨から衣装・食器などetc)・家具・植物の管理保管スペースにしています。カタログ撮影や通販撮影では、まったく小道具をレンタルせずに撮影が進む事も可能です。

撮影工程の効率化として「商品管理」・「進行」・「撮影」・「修正レタッチ」を分担作業にして、コーディネーター班と撮影制作班とデジタル・デザイン班に分けています。人数は増えていますが、撮影の納品までのスピードと3重のチェックにより、ミスがなく、確実に早い撮影工程を実現しています。

商品管理と言う仕事について、補足しますと、

カタログ撮影・通信販売カタログ・ECサイトでの裏方として重要な存在が商品管理業務です。略して商管と呼んでいますが、名の如し、商品を管理する業務です。撮影の基点・終点となり、お預かりした商品を出来る限り同じ状態で返却するために、到着した商品の傷や破損をチェック、組み立て、撮影商品の到着・配送のチェックまで、細やかな神経を必要とする業務です。

進行は営業職のスタッフが担当する事が多い業務ですが、香盤表を作り、各撮影チームの撮影スケジュールを管理して、撮影内容を把握して、変更などにも対応しながら、撮影漏れをチェックしながら、予定以内に撮影を完了させるために、必要不可欠です。

撮影はフォトグラファー・スタイリスト・ヘアーメーク・フードスタイリスト・モデル・アシスタント(動画・ムービーではディレクター(映像監督)が入ります)が連携して、撮影商品の価値をアップさせる商品撮影やモデル撮影・イメージ撮影をします。

修正レタッチは撮影で調整すると時間がかかる部分をレタッチ・修正、3DCGを適所に作業をして、撮影のクオリティーと効率を上げます。

撮影工程は撮影規模・内容に応じて、多少の変化はありますが、大量な通販カタログの撮影やECサイト・商品パンフレット撮影には、安定してスピードの出る撮影工程のスタッフ体制が必要となります。

通販カタログ・ECサイトは写真・映像で売り上げが変わるので撮影する側としては、常に他業者の撮影や売り上げの良い商品、悪い商品の写真を見て、商品価値を上げるための見せ方を常に意識しています。

フォトグラファーとして、今まで撮影した商品の中で、私が知る限りの最高売り上げを上げた商品は羽毛布団で、2セット商品をイメージ撮影で1カット撮影した写真で10億円以上の売り上げを上げた例もあります。

実物を触っていないのに、それだけ商品が売れるのは、商品のスペック・価格・見た目と媒体の持つ信頼感など要素は多々ありますが、商品写真の見た目は価格と共に重要な要素となります。

撮影は一部の主観で良い写真・映像を作れば、売り上げが上がると言う単純な事ではないようで、商品の見せ方の効果の分析。販売地域・年齢・ターゲット層への効果を考えて最大公約数の撮影方法、見せ方を練りださないと結果は出て来ないと感じます。重要な商品の発売前には、1万人強のリサーチをして情報収集をして広告制作をしている広告代理店も知っています。

広告写真・商品写真の制作会社として、ライティング・レンズの選択、目線・角度、小道具の有無・置き方、どんなシーンにするか、何を一番伝えるべきかを常に意識し続ける事が、撮影・制作会社としては、写真・映像に対しての常に浴びるような情報収集を常にすることが重要になってきます。難しそうですが、常にそういった意識で生活していれば、物の見方、写真の見方、雑誌、通販カタログ、テレビ・映画の見方も変わってくるものです。ただ、考えずに物を見ているか、観察しているか、分析しているかの違いは大きいと思います。

フォトグラファーだけでなく、総スタッフが撮影した後の、その商品を売り上げを気にして、クライアント様と一緒に喜びを分かち合える精神の撮影現場を希望して整えており、商品を購入するお客様に商品の良さをアピール出来る、やりがいのある業務で、広告効果のある商品撮影は、継続した意識と努力がないと撮影出来ないと厳しく感じています。

通販カタログ、広告写真、テレビCM、インターネット広告には、必ず商品写真商品イメージ写真が必要になり、その写真・映像に賛否両論が存在して、結果売り上げが答えになります。売り上げが上がっても落ちても、写真・映像への分析、考察は常に続きます。

スタジオ玄では、売れない写真は広告写真・商品写真じゃないと言われています。

私たちは売り上げを上げるための広告写真・商品写真を撮影し続けています。

靴イメージ撮影 通販カタログにて使用

 

 

 

 

 

PAGE TOP ▲